2019年4月19日(金) DPCが国際標準NGSIによる4社接続実証に成功した旨、プレスリリース発表しました

本日、以下の通りプレスリリースを発行いたしました。

「いよいよ日本のデータ連携が本格化! ~DPCが国際標準NGSIによる4社接続実証に成功~」

一般社団法人官民データ活用共通プラットフォーム協議会(https://dpc-japan.org/ 所在地:東京都港区、代表理事 奥井 規晶、以下DPC)は、国際標準であるNGSI(*1)による、富士通株式会社・日本電気株式会社・日鉄ソリューションズ株式会社・TIS株式会社の4社のプラットフォーム接続実証に成功しました。

NGSIは日本発の国際標準ではありますが、これによるデータ連携は、特に欧州で豊富な実績があります。DPCは、日本政府の「官民データ活用」政策において、多様な利活用者が共通に使える国際標準ベースのプラットフォームが必須と考え、NGSIによる共通プラットフォームの社会実装を進めています。

今回の実証は、DPCのプラットフォーム接続実証委員会(主査:富士通株式会社)を中心とした、技術ガイダンス委員会(主査:日本電気株式会社)、活動促進委員会(主査:富士ソフト株式会社)の3委員会合同で実施しました。システム環境としては、活動促進委員会が構築・運営するDPC独自の開発・テスト環境上で行われ、各社のプラットフォームが、NGSIのAPI(*2)を介してデータ連携が可能な事を確認しました。これにより日本のデータ連携が本格化していくことになります。

DPCは今後とも、民間各社が展開する様々なプラットフォームとの接続連携の実証を行い、実証活動を通じた官民データ活用共通プラットフォームの利活用における課題の整理を推進することで、官民データ活用共通プラットフォームの社会実装促進によるSociety5.0社会の実現に貢献していきます。 尚、この接接続実証の詳細については、「3月14日第3回事例研究会報告資料」の追加として、このプレスリリースの発表と同日内に、DPCのホームページにて公開します。

■一般社団法人官民データ活用共通プラットフォーム協議会(DPC)について

日本の強みを発揮しつつ、低コストで相互連携や横展開が可能な官民データ活用を実現して社会課題解決へ貢献するため、日本発の国際標準であるNGSI等のオープンAPIを活用したエコシステムを形成し、官民データ活用共通プラットフォームやその上で稼働する各種サービスを構築し、国内外での横展開をはかることを目的とした民間組織で、国内主要IT企業及びスマートシティ先進自治体が参加しています。

*1: NGSI:Next Generation Service Interfaces。Open Mobile Allianceが2010年に初版を仕様策定した次世代サービスインタフェース。最新版NGSI-LD(Linked Data)はETSI(欧州電気通信標準化機構)により公開された。

*2: API : Application Programming Interface。プログラムからソフトウェアを操作するためのインターフェイス。

2019年4月19日

<本件に関するお問い合わせ>
一般社団法人官民データ活用共通プラットフォーム協議会 事務局
TEL:03-5419-7171 FAX:03-5419-0597 MAIL:jimukyoku@dpc-japan.org

資料は資料DLよりご確認ください。